きらきら女子になりたいOLの特に面白くない日々の記録

神戸市のとある工場街で働くOL。食べること、邦画、ミステリーを読む事が好き。

【結婚ブログ】私と彼のこと。プロポーズ編

こんにちは\(^o^)/


今日から少しずつ、結婚準備の記事も

書いていこうかなと思います❤︎


アメー〇とかインスタを見ると、

ステキなプレ花嫁さんの記録が

たくさんありますが


私にはあそこまで詳細に書くことはできないかな・・


まぁ、備忘録がてら

書き残しておきます。


半分以上 自己満足ですが、

以後 何かしらの参考になれば

幸いです(*´ω`*)


まず、簡単なスペック

◎私 群青(28)神戸市に住むOL。一人暮らし。

粘着な自分が嫌いで 基本はサバサバしていたいけど、寂しがりな一面も。

人見知りはあまりしない。O型


◎彼氏(30)明石市に住むサラリーマン。寮生活。

私と違って頭が良い。淡泊かつマイペース。

人見知りだけど慣れたら喋る。B型。


10月のことです。

付き合ってもうすぐ3年、

俗に言う結婚適齢期なので、


職場や親族、友人などに 会うたびに言われるセリフ


「結婚しないの?」

にも、もう疲れた。


確かにいい年ではあるし、いずれは彼氏と話し合わないと

いけないなとは思いつつ


自然に(プレッシャーを与えず)

プロポーズされたい願望と


まだ自由でいても、まぁ・・・大丈夫だろう(笑)


という根拠のない自信とで


将来の話を一切せずに、ここまで付き合ってきたのでした。


そんな中、彼氏が来年で

会社の寮を出ないといけなくなり


一人暮らしするのかなぁ、

もし同棲したいって言われても断ろう

なんて考えていた矢先・・


3連休の真ん中、私たちは

とある市に観光に行きました


その帰り、

「今日は美味しいものを食べよう」

という彼氏。

(そんなこと言ったって、

予約もしてないのにお店もなかなか入れへんし

第一、突然すぎて持ち合わせもあまり無いから高すぎるお店も

ちょっとムリ、、)


と、瞬時に考える私。笑


結局、私の好きなイタリアンのお店

ラス1の席へ滑り込みセーフ!

デザートまで食べて

満足してお店を出たら


「これから夜景を見に行こう」

と言われ。


はて何事(*_*;??


ご飯を食べ終えると、だいたい

私の家に行きたがる彼氏。


いつもとおかしい・・

ここらへんから疑問が沸きました


もしかして別れ?とも思いましたが

彼氏はゴキゲンだったのでそれは無いなと。


わざわざポートライナーに乗って、人気の少ない人工島にある公園へ。


この日は季節の割に寒かったので、寒い寒い言いながら

一通り歩きまわり


ベンチに腰掛けて少しだけ、他愛もない話をしました。


人工島なので終電が早く、もうあと数十分で終電だ!と気づき

帰ろうと言ったその時


「ちょっと今日は大事な話があって・・

俺らもう付き合って3年になるし、そろそろ結婚しよう」と。


袋の奥から、小さな花束を取り出し、プロポーズしてくれました。


私はというと、呆然。唖然。笑


まったくそんな話の流れでも

なかったし、前述したとおり


将来の話なんてしたことも、

されたこともなかったし


この人はきっと、私と結婚する気はないんだろうなって、

どこかで思っていました


だけど別れる事には労力がいるし、そこまで嫌いでもないから

付き合っているんだろうと。

(ザ・ネガティブ)


だから本当にびっくりしました。

本当に。 


思えば約3年前、

友人だと思っていた現・彼氏から

付き合おうと言われた時も

呆然、唖然だったな。


なんというか、彼氏からそういう

予兆や雰囲気が全然読めないんです。


でも、びっくりしたのと同時に、

やっぱりうれしかったです。


ちゃんと考えててくれたんだなって。


その気持ちに、私も逃げていないで真剣に

向き合わないとと思いました。


そして、OKしたという感じです。


ちなみにそれで気が抜けたのか、

彼氏は花束をどこかに置き忘れたというw


翌日は2人でゼクシィのサイトを見て、結婚の流れを読んで勉強しました。


まだまだ動き出したばかりの私たちですが、

頑張っていきたいと思います。


長くなりましたが、読んでいただきありがとうございます。